さまざまなストレスが原因で発症するうつ病|メカニズムを調査

患者数の多い精神疾患

病院

精神疾患であるうつ病の原因は、ストレスです。発症を予防するためにも、適度に手を抜き、ストレス発散方法を身に着けてすごすことが大切です。また発症した場合には、すぐに病院へ行き治療を開始することが大切です。

もっと読む

うつになってしまった時に

カウンセリング

うつ病の主な原因は、様々なストレスです。発症してしまった場合は、まずは自分自身を認め、ストレスの原因を客観的に分析し冷静になることが重要です。心のコントロールが効いて、治療を助長させることになります。

もっと読む

メンタル不調には原因あり

女性

不調の遠因や素因を探る

昨今の日本においては、メンタルヘルスに不調を来す労働者が増加していて、深刻な社会問題となっています。企業の業績改善に向けた人件費の削減により、労働者の労働強化が進んでいます。このため、長時間労働を強いられ、最終的にうつ病などのメンタルヘルス不調を引き起こす労働者が増加しています。うつ病などが社会問題化したことにより、うつ病に対する理解も進んだと考えられます。一昔前であれば、気持ちが弱い人がかかるとか、心の病とか、怠け病であるとかの間違った偏見がありました。しかし、うつ病は、気持ちの問題ではなく、脳内物質の量の異常が原因で引き起こされる脳の病気であることがわかっています。しかし、なぜ脳内物質の量が減少するのかの原因は解明されていません。ただ、うつ病の大きな原因として挙げられるのがストレスです。ストレスを引き起こす原因にも様々にあります。例えば、仕事量が多い、量が多くなかったとしても、仕事が進まないことは当然ストレスの原因になります。仕事の他にも、家庭内のストレスも当然あります。近しい人が亡くなったりしても、落ち込んでしまいます。ストレスがうつ病の原因である場合、ストレスを除去したり、軽減したりすることが有効な対応方法となります。激務であれば、仕事量を減らしてもらったり、あるいは配置転換を頼んだりすることも一つの方法です。最近は、メンタルヘルスに対する認識が改まり、理解がある企業も増えていますが、難しい面があるのも事実です。自分の代わりに来た人が同じストレスにさらされますので、根本的な解決には至らないと言えます。最近は、働き方改革などが提唱されていますが、仕事量をコントロールすることはなかなか難しい面もあります。ストレスを取り除いたり、軽減させることが難しいのであれば、専門医の診察を受けたり、抗うつ剤などの薬物療法を行うことも必要です。また、性格的には、真面目であったり、几帳面な人が発症しやすかったりと言われます。人間はそれぞれに個性がありますので、同じ壁や障害に直面したときに、それをどのように受け止めるかは一様ではありません。また、失敗した経験が少ない場合は、ちょっとしたミスが原因になりますし、ストレス耐性が低ければ、軽度のストレスでうつ病を発症してしまうこともあります。物事に対して、否定的、ネガティブ、悲観的に捉えてしまうと発症しやすいことも事実です。このため、服薬による治療のほかに、カウンセリングなどを併用する場合もあります。ストレスの原因を取り除くことができなくても、それをあるがままに評価する、客観的な視点で見ることも一つの方法です。人生の中では、いいことや悪いことが様々に起こります。仮にいいこと、例えば昇進した場合であってもそれがストレスになることもあります。原因が様々にありますので、自分自身ではうつ病になっていることに気づきにくいということが特徴です。抑うつ気分が続くなどこれまでと違うと感じたならば、専門医の診察が必要です。また、周囲の人間からすれば、客観的に様子の変化に気づきやすいので、専門医の受診をアドバイスすることも重要です。

医療機関の選び方

レディ

社会の歯車が激化し、ストレスが引き金となってうつ病になる人が増加しています。一般的にうつ病の診察は心療内科や精神科で行われていますが、本来は精神科医が担当する病です。また、内科の専門医でも産業医の資格を持っている場合には適切な診察が受けられるでしょう。

もっと読む

To Top