さまざまなストレスが原因で発症するうつ病|メカニズムを調査

医療機関の選び方

レディ

心療内科と精神科の違い

社会の変化がますます激しくなり、ストレスが原因で、うつ病になる人が増えています。自分自身や家族にうつ病の症状が見られたとき、どこの医療機関に受診したら良いのでしょうか。まず、心の病と言うことですぐにおもいつくのは、心療内科と精神科があるでしょう。神経内科と言うのもありますが、こちらは、血管障害を原因とした脳梗塞や神経障害を専門としている診療科なので、うつ病の診断は担当していません。心療内科も精神科もうつ病の治療を行います。しかし、その違いを理解しておくことは、自分が医療機関を選択する際の助けになります。心療内科とは、身体の疾患が心理的、社会的な原因から発生している際に、心身全体をトータルで治療していくことを目的としています。例えば、仕事のストレス等が原因で胃炎を発症し、併せて精神的に落ち込んで、睡眠障害も起こしたような場合には心療内科で対応することになります。心療内科は、そのほかに、自律神経失調を原因とする様々な体調不良や食欲不振等も担当しています。一方、精神科は、心療内科よりも、更に心の部分の病気に特化しています。例えば、パニック障害や認知症等も扱います。うつ病も本来は精神科が担当します。けれども、これはうつ病なのかもしれないと言う症状を感じ始めただけで、精神科を受診するのは気が重いと言うこともあるでしょう。そういう場合には、内科・心療内科を標榜しているようなクリニックだと、ある程度気楽にいけるかもしれません。しかし、そのようなクリニックの中には、内科の専門医が不眠症などの治療を行っているだけのところもあります。逆に、内科のクリニックの中にも、内科医が産業医の資格を持っていて、うつ病に関しても対応できる場合もあります。心療内科・精神科を扱っているクリニックなら精神科医が対応しているはずですから問題はありません。いずれにしても、ホームページで医師の資格や専門などを事前に調べてみることが良いでしょう。チェックするポイントはクリニックに、精神科医がいるかどうか、また、もし、内科医や心療内科医しかいなかったとしても、産業医の資格を持っているものがいるのかと言う点です。それから、本当に自分の症状に合う診療をしてもらえるのか、適した専門医がいるのか等、ホームページではなかなか分からないこともあるでしょう。そういう場合は、事前に電話で自分の症状を伝えて確認することも良い方法です。その際には、前もって、自分の症状や要望、確認したいポイントをメモにまとめておくと良いでしょう。しかし、症状の中に、生きていくのを辛く感じて、自殺願望が強く出ているとか、また、他人を傷つける衝動がある場合には、入院設備があり、精神科の専門医のいる病院ですぐに診断を受けることが必要です。うつ病の治療の初期の段階では、頻繁に通院する必要が出てきますし、薬の作用の現れ方によっては、すぐに相談に行かなくてはならないこともあります。また、治療が長期にわたることも予想されます。日常の生活を守りながら、治療を続けられるように、通院しやすい場所や、都合の良い診療時間等も考えて、医療機関を選ぶ必要もあります。しかし、どうしても、新しいクリニックに出向くことに気が重いのならば、まずは、一番話しやすい、日ごろから使っている医師に診て頂き、アドバイスを頂くのも良いかもしれません。何しろ、無理に我慢していないで、医師の診療を受けることが大切です。

To Top