さまざまなストレスが原因で発症するうつ病|メカニズムを調査

患者数の多い精神疾患

病院

発症の理由と対処法

うつ病という病気をご存じでしょうか。うつ病とは、精神疾患の一つで、無気力感や絶望感、倦怠感などの症状が常に付きまとい、肉体や精神を蝕んでしまう病気です。発症してしまう主な原因は、ストレスであると言われています。ストレス社会と言われている現代、人間は様々なストレスを抱えて生きています。そのため、患者数も年々増加している傾向にあります。その中で、うまくストレスと折り合いをつけ、発散方法などを身に着け上手に付き合っていくのが人間の利口な点です。しかし、この折り合いの対処の方法が悪かったり、うまく人に相談できずに一人で抱え込んだりしてしまうと、ストレスが体に蓄積されうつ病を発症してしまう恐れがあります。そのようなことが原因であるため、うつは必ずしも心の弱い人がかかってしまう病気であるとは言えないのです。逆に、責任感が強く、まじめで人に迷惑をかけたくない、という性格の人ほど、うつになりやすい傾向にあるのです。うつ病を発症しないために重要なのは、今あるストレスと上手に付き合っていくということです。例えば、転職して仕事がうまくいかない、人間関係がうまくいかない、といったストレスを抱えている場合は、友人に相談する、違った視点から仕事をしてみる、など様々な対処をしてみましょう。おもい切って仕事を辞める、ということも立派な選択肢の一つです。他にも、育児ノイローゼでストレスが溜まっている場合は、いいお母さんであろうとすることを一度やめ、親に世話を頼んで少し羽根を伸ばす、という方法も良いかもしれません。必要以上に頑張らず、適度に手を抜き、自分のことを大事にするということが大切なのです。そうすることで、自然と蓄積されたストレスが体から抜けて行き、リフレッシュできるようになります。また、もしも発症してしまった場合は、気付いたときにすぐに病院へ行くことが大切です。うつ病の病気を看てもらうには、精神病院へ行く必要があります。精神病院へ行くのに抵抗があるという人も多いですが、ちょっとした心のケアを求めた人が通うこともある、とても気軽に行けるところなのです。病院へ行くと、医師が自身のストレスの原因や症状などを詳しくカウンセリングしてくれ、それぞれに合った治療法を見つけてくれます。うつ病の治し方は、一人ひとり違います。抗鬱剤を根気よく飲んで徐々に治っていく場合もあれば、人に話を聞いてらもうことでスッキリし、それで徐々に治っていくということもあります。トラブルが解決することで、短時間で治るということもありますが、基本的には長い目で見てゆっくり時間をかけて治療をしていく方法が良いでしょう。また身近な人や家族がうつ病になってしまった場合にも、必要以上に励ましたりはせず、一緒に原因を探り、ゆっくりと対応してあげるようにしましょう。疾患を抱えている人にとって、最もつらいのが周囲からのプレッシャーです。早く良くならなくては、と思うほど、自分を追い込み治療がうまく進まないことも多いのです。焦らなくて良い、ということをしっかりと伝えて、接するように心がけましょう。

To Top