さまざまなストレスが原因で発症するうつ病|メカニズムを調査

うつになってしまった時に

カウンセリング

心のコントロール方法

近年、うつ病という言葉がとてもポピュラーな時代になってきました。精神疾患の一種であるうつ病は、一昔前までは珍しい病気でしたが、ストレス社会と言われている現代、発症してしまう人は年々増えていると言われています。うつ病の主な原因は、環境の変化や対人関係による心のストレスです。体にため込んだストレスをうまく発散出来ないと、体を徐々に蝕み、やがてうつ病を発症させてしまいます。うつ病になってしまった場合には、まずは専門の病院へ行き薬などを処方してもらいましょう。重度の場合は、抗うつ剤を多めに処方してもらい、投薬をしながらの治療が一般的になります。しかし比較的、発見するのが早かった場合、また症状が軽い場合は、ある程度自分で治療を行うことも可能です。まず、自分で心のコントロールをしうつ病を回復させるために、一番やってはいけないのは、自分を責めてしまうことです。病気になってしまったのは自分が弱いせいだ、仕事を休んでしまったことで周りに迷惑がかかっている、など自分のことを責めてしまうと、必ず悪循環の思考に陥り、病気は回復の方向には進みません。初期の段階では、まず自分のことを認めるというこをしてみましょう。弱い自分、ダメな自分、を一度認めてしまうことで、自己否定の精神は弱まります。そうすると心も落ち着き、徐々に本来の自分を取り戻せるようになります。また、発症してしまった原因をとことん突き詰めるということも重要です。人間関係や会社でのいざこざなど、ストレスの原因になってしまったことを今一度ゆっくりと考え、自分に何が出来るか、ということを考えてみましょう。つまり、自分を客観視してみる、ということです。自分のことを第三者目線で見られるようになれば、冷静に病気にも対応出来るようになり、症状は弱まっていくことがあります。もちろん、無理をしてしまうことは禁物です。ストレスの原因を探ることがよりストレスを助長させてしまうことにならないように、コントロールすることも重要です。また、うつ病では様々な症状が現れます。倦怠感や絶望感などの精神的症状が一般的ですが、時には頭痛や吐き気、めまい、ほてりなどの肉体的症状をもたらしてしまう場合もあります。そのような場合には、人を頼るということもしてみましょう。親や身近な友人を頼って、家事をしてもらったり看病を頼んだりすることで、人とのコミュニケーションが生まれ、心が柔らかくなっていきます。うつ病になりやすい人は、なんでも一人で抱え込もうとする、まじめな人であるという傾向があります。一度周りの人を頼る、ということも覚えれば、徐々に症状が改善されていく可能性が高まります。うつ病は、薬を飲んだらすぐに治る、というような病気ではありません。ゆっくりと時間をかけて、自分、また周りの人の協力を得ながら心をコントロールさせていくことが大切なのです。うつ病になったからといって絶望せず、まずは冷静になって、自分のことを認め、何が出来るかということを考えましょう。自分自身としっかりと向き合うことで、心のコントロールが出来るようになるのです。

To Top